「あれ、おかしいな?」「何か変だな…」そう感じたら、些細なことでもお気軽にお問い合わせください。
    	新患・急患・時間外診療随時受け付けます。

亘理の地域の子供たちの笑い声を見守り続けて。

宮城県亘理郡亘理町にある大友医院ヒロミ小児科は小児科専門のクリニックとして
大切な地域の子供たちの健康を守ることは当然として、
ご両親の抱える不安を取り除くことにも全力で取り組んでおります。
高熱などの突発的な病気の際はもちろん、「あれ、おかしいな?」「何か様子が変だな?」と
感じた時には些細なことでも結構ですのでお問い合わせください。
地域の子供たちが笑顔でいられるよう、スタッフ一同励んでまいりますので、
病気のことに限らず、何でもお気軽にご相談ください。

診療時間・休診日について
当院へのアクセス
予防接種について

当院からのお知らせ

2019.02.03 病児保育室「あんず」のチョットアノネ:No.20 百日咳から赤ちゃんを守る


百日咳とは

 百日咳は百日咳菌の飛沫・接触感染により発症します。潜伏期間は主に12週間で連続して止まらない咳が特徴の病気です。コンコンと咳込んだ後ヒューと息を吸う症状が見られます。発熱はほとんどありません。激しい咳は23週間続き寝れなかったり、顔が腫れたりすることがあります。幼児期後半以降は症状が軽くなり小学生以降は咳が長引くだけの症状になります。生後まもない児では呼吸が止まる無呼吸発作や肺炎、脳症などの命にかかわる重症になることもあります。1歳未満は重症化するので注意が必要です。予防はワクチン(四種混合、三種混合)により可能です。

 

百日咳の患者数

平成301月~9月の患者数は6443人でした。年齢別にみると、515未満が65%、生後6か月未満が5%、3050歳代の成人が14%です。515歳未満の患者さんで見ると、79%の人は規定回数(4)の予防接種を完了していました。つまり、1歳代で4回の予防接種を受けていても百日咳の免疫が減衰していることが示唆されています。百日咳が重症化しやすい6か月未満の患者さんは、30%が兄・姉から、22%は母から、19%が父から感染したことがわかっています。5歳ころになると免疫が低下することが問題となっています。

 

百日咳が重症化する赤ちゃん(特に生後3か月未満)を守るために

  定期接種の時期(生後3か月)になったすぐにワクチン(四種混合)をする。

  ワクチンをしても5歳ころになると免疫が低下するので、5歳ころにワクチン(三種混合)をする。

平成308月から日本小児科学会では小学校入学前に三種混合ワクチン(DPT)の追加接種を推奨しています。ただし、定期接種ではないので任意接種となります。

  11歳になると接種する二種混合ワクチン(DT)の代わりに三種混合ワクチン(DPT)をする。

これも小児科学会で推奨していますが、任意接種となります。

  成人用三種混合ワクチンの承認を早める。

すでに外国では百日咳とジフテリアの抗原量を減らした破傷風を含む成人用三種混合の使用が承認されていますが、日本では未承認です。米国では妊婦さんに成人用三種混合ワクチンを接種することにより、幼若乳児を百日咳から守っています。

 

現在流行している病気は何ですか?

宮城県内では:第1位 インフルエンザ、  第2位 伝染性紅斑、   第3位 感染性胃腸炎

亘理郡内では:第1位 インフルエンザ、   第2位 感染性胃腸炎、  第3位 溶連菌感染症

 

 

ヒロミ小児科病児保育室「あんず」より

新年が明け新しい年が始まりました。学校や保育所がスタートしましたが、年明けからインフルエンザが流行し始めました。手洗いうがいをしっかり行い、予防に努めましょう。「あんず」をご利用の際は、必ずお電話下さい。

 

※亘理町のホームページから登録用紙や、利用の用紙がダウンロードできるようになりました。 「あんず」専用電話:35-6455


2019.01.31 2月の診療時間変更についてのおしらせ

  

★診療時間変更について★

2月13日(水)

 午前:通常通り(8時30分~12時00分)
 午後:13時30分~15時30分まで 
   *会議のため15時30分以降は休診します

 

2月20日(水)

 午前:通常通り(8時30分~12時00分)
 午後:14時00分~17時30分まで
   *町の3、4か月児健診のため
   

2月27日(水)

 午前:通常通り(8時30分~12時00分)
 午後:
14時00分~15時00分まで 
     
*町の1歳8か月児健診のため
   *会議のため15時00分以降は休診します    

 

2月28日(木)

 午前:通常通り(8時30分~12時00分)
 午後:14時30分~17時30分まで 
    *会議のため
   

 

 

 

宜しくお願いいたします。


2018.12.27 病児保育室「あんず」のチョットアノネ:No.19 インフルエンザ流行期


インフルエンザはいつ流行するか

季節性インフルエンザ(A型インフルエンザが少し変化しながら毎年世界中で流行するもの)は流行性があります。流行が始まると短期間に多くの人へ拡大します。日本では例年12月~3月が流行シーズンです。今年は12月中旬に全国的にインフルエンザ流行期に入りました。流行のピークは来年の1月から2月ころになると予想されます。

 

インフルエンザと普通の風邪との違い

一般的に、風邪は様々なウイルス(ライノ、エコー、コロナ、アデノ、パラインンフルエンザ、コクサッキー、RS、ヒトメタニューモ、ポカ等のウイルス)によっておこります。普通の風邪の多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳等の症状が中心で、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くはなく、一般に重症化することはありません。インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することにより起こります。高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が急速に現れ、普通の風邪のように、のどの痛み、鼻汁、咳の症状も見られます。子どもではまれに急性脳症を、高齢者では肺炎を伴うなど重症になることがあります。

 

インフルエンザにかからないために(予防について)

  流行前のワクチン接種

発病防止に対する有効率は60%です、また重症化を予防する効果があります。

  外出後の手洗い等

流水・石鹸による手洗いはインフルエンザウイルスを物理的に除去するため有効です。アルコール製剤による手指衛生も効果があります。

  適度な湿度の保持

加湿器などを使って適切な湿度(5060)を保ち気道粘膜の防御機構を高める。

  十分な休養とバランスの取れた栄養摂取

体の抵抗力を高めるために日ごろから心がける。

  人混みや繁華街への外出を避ける

インフルエンザが流行してきたら、できるだけ人混みや繁華街への外出は控えるようにします。特に基礎疾患のある人、妊婦、体調の悪い人、睡眠不足の人、高齢者は控えるようにします。

 

咳エチケットの徹底

咳やくしゃみ等の症状のある時は飛沫感染対策として咳エチケットを徹底します。

 

現在流行している病気は何ですか?

宮城県内では:第1位 感染性胃腸炎、  第2位 伝染性紅斑、   第3位 溶連菌感染症

亘理郡内では:第1位 感染性胃腸炎、   第2位 溶連菌感染症、  第3位 伝染性紅斑

 

ヒロミ小児科病児保育室「あんず」より

今年も残すところあとわずかになりました。年末はクリスマス、冬休み、お正月とイベントがたくさんあります。この時期は生活リズムが乱れがちになりますので、元気に過ごすために、食事、運動、睡眠のバランスを大切にしていきましょう。

※亘理町のホームページから登録用紙や、利用の用紙がダウンロードできるようになりました。


2018.11.21 病児保育室「あんず」のチョットアノネ:No.18 乳幼児突然死症候群


乳幼児突然死症候群(SIDS)とは

 乳幼児突然死症候群(Sudden Infant Death SyndromeSIDS)とは、それまでの健康状態およびそれまでに経験した病気の既往からは予想できない死であり、しかも死亡状況および剖検(死亡後の解剖)によっても死亡原因が不明である乳幼児に突然死をもたらす症候群とされています。すなわちSIDSは家族のみならず医師にも突然死をもたらすような状態や疾患を有していないと判断されるものです。SIDSでは事故および犯罪(乳児殺し、乳幼児被虐待症候群)との鑑別が大変重要になります。SIDSは冬季に多いことから厚生労働省は11月を乳幼児突然死症候群(SIDS)対策強化月間として、SIDS発生の低減を図る運動を毎年しています。SIDSは主として睡眠中に発生し、日本での発生頻度は出生4000人に1人とされています。生後2か月から6か月に多く(80)1歳以降の発生は例外的となっています。原因不明の乳幼児の突然死と判断されたら警察に届け出る必要があります。 

 

SIDSの病態

乳児には呼吸中枢(呼吸に関係する脳の働き)が未熟なため、正常の子どもにも睡眠時に無呼吸が見られますが、通常は血液中の酸素が低くなったり炭酸ガスが高くなると脳の呼吸中枢を刺激して覚醒反応が起こって呼吸が再開されます。しかしなんらかの理由(呼吸中枢の成熟度や出生後の適応変化の遅れなど)により覚醒反応が低下すると、無呼吸からの回復が遅れ、より高度の血液中の低酸素により脳の働きが抑制され、さらに無呼吸が続き死に至ると考えられます。

 

SIDSの予防

SIDSの家族会では、①仰向け寝で育てよう、②たばこをやめよう、③できるだけ母乳で育てよう、④なるべく赤ちゃんを一人にしないで、の4つを挙げSIDS予防キャンペーンを行っています。このキャンペーンの目的は、「うつぶせ寝にしない、母乳にする」といった指導ではなく、育児環境がSIDSの発生頻度に影響する事実を母親や社会に啓発することです。現在は母子手帳にもSIDS予防に関しての記載がなされております。1歳前の乳児をあずかっている保育所等は特に注意が必要とされていますが、最近行われた厚生労働省の調査では、睡眠中のみまわりをしていない、睡眠中の乳児がうつぶせになっていないかの観察をしていない保育所がまだ20%前後あると警鐘をならしています。

 

SIDSの発生頻度の比較

仰向け寝:うつぶせ寝 → 13.0(3)  

母乳栄養:非母乳栄養 → 14.8(5)

 

両親の非喫煙:両親の喫煙の習慣 → 14.7(5)

 

現在流行している病気は何ですか?

宮城県内では:第1位 伝染性紅斑、  第2位 感染性胃腸炎、  第3位 溶連菌感染症

 

亘理郡内では:第1位 感染性胃腸炎、  第2位 溶連菌感染症、  第3位 伝染性紅斑

 

ヒロミ小児科病児保育室「あんず」より

朝晩の冷え込みが厳しくなり、布団から中々出れない季節になりましたね。病気も蔓延し始めたのか「あんず」の利用者が大分増えてきました。定員になったり、病気の種類によっては予約が取れない場合もありますので、必ず電話で問い合わせ下さい。

※亘理町のホームページから登録用紙や、利用の用紙がダウンロードできるよう

 

になりました。

 

 


2018.10.29 病児保育室「あんず」のチョットアノネ:No.17 伝染性紅斑(リンゴ病)について


伝染性紅斑(リンゴ病)の流行

 感染症発生動向調査によりますと、伝染性紅斑(リンゴ病)46年ごとの周期で大きな流行を迎えてきました。平成27年に流行がありましたが、3週間ほど前より伝染性紅斑の流行が見られるようになりました。伝染性紅斑はヒトパルボウイルスB19の感染により発病します。感染経路は飛沫感染もしくは接触感染ですが、妊婦さんでは垂直感染(妊婦さんから胎児に感染)も見られます。ヒトパルボウイルスB19に感染すると、約7日目に血液中にウイルスが出現し、その後感染から約2週間で典型的な伝染性紅斑の症状が出現します。発疹が出る前に頭痛、鼻汁、咽頭痛のみられることがありますが、子どもではこれらの症状はほとんど認めません。成人では関節痛や関節炎が女性では約60%、男性では約30%に見られます。はじめにホッペに蝶型の赤い発疹が出現し(右写真)、続いて腕や大腿に網目状、レース状、環状の赤い発疹が出ます(胸腹背にもでることがあります)。発疹は13週間ほどで消えますが、日光や熱や運動などにより再発する場合があります。                         

 

胎児水腫

妊娠中に伝染性紅斑に感染すると、母体の症状は一般人と同じですが胎児に感染し、流産・胎児死亡・胎児水腫を起こすことがあります。ヒトパルボウイルスB19に感染した妊娠さんの約30%で胎児感染がみられ、その約13に胎児水腫が発生するといわれています。妊娠8週以前に感染すると流産が多く、その後の感染では胎児が重症貧血になり(赤血球を作る細胞の破壊と産生停止が起こる)、そして胎児心不全がおこり胎児の全身の浮腫と体液が保留した状態が生じ胎児水腫となります。妊娠中に伝染性紅斑にならないように十分注意をして下さい。

 

伝染性紅斑の診断と治療

特徴的な発疹などの臨床症状で診断されます。特別な検査としてはヒトパルボウイルスB19のDNA検査(PCR法)がありますが保険適応になっていません。抗体検査(IgMおよびIgG抗体)がありますが、妊婦さんのIgM抗体検査のみが保険適応となっており、子どもでは健康保険で抗体検査することはできません。有効な治療法は無く、ワクチンもありません。

 

伝染性紅斑の登校(登園)の目安

感染後約1週間後のかぜ様症状のときにはウイルスが排泄され感染力がありますが、この時期には伝染性紅斑とはほとんど気が付かれません(診断されていない)。伝染性紅斑の発疹が出て診断される時期にはすでに感染力が無いので、発疹が出ていても登校(登園)は可能です。

 

 

現在流行している病気は何ですか?

 宮城県内では:第1位 感染性胃腸炎、 第2位 伝染性紅斑、  第3位 溶連菌感染症
 亘理郡内では:第1位 溶連菌感染症、  第2位 感染性胃腸炎、 第3位 伝染性紅斑

 

 

ヒロミ小児科病児保育室「あんず」より

930日現在、あんず保育室の登録者数-142名、(4月~9)予約者数-108件、利用者数-71名となりました。寒くなるにつれ患者数も多くなりますので、まだ登録がお済でない方はお問い合わせ下さい。

 

※亘理町のホームページから登録用紙や、利用の用紙がダウンロードできるようになりました。

 

病児保育室「あんず」電話 0223-35-6455


一時預かり保育室あんず
Copyright © 大友医院ヒロミ小児科. All Rights Reserved.
PAGE TOP