「あれ、おかしいな?」「何か変だな…」そう感じたら、些細なことでもお気軽にお問い合わせください。
    	新患・急患・時間外診療随時受け付けます。

亘理の地域の子供たちの笑い声を見守り続けて。

宮城県亘理郡亘理町にある大友医院ヒロミ小児科は小児科専門のクリニックとして
大切な地域の子供たちの健康を守ることは当然として、
ご両親の抱える不安を取り除くことにも全力で取り組んでおります。
高熱などの突発的な病気の際はもちろん、「あれ、おかしいな?」「何か様子が変だな?」と
感じた時には些細なことでも結構ですのでお問い合わせください。
地域の子供たちが笑顔でいられるよう、スタッフ一同励んでまいりますので、
病気のことに限らず、何でもお気軽にご相談ください。

診療時間・休診日について
当院へのアクセス
予防接種について

当院からのお知らせ

2021.09.06 保育士さんを募集しています!

病児保育室「あんず」で働いてくださる保育士さんを募集しています。

 

詳しくは、

診療時間内に0223-34-3204まで

お電話でお問い合わせ下さい。


2021.10.01 ★インフルエンザ予防接種の予約を開始します★

 

10/18からインフルエンザ予防接種を開始予定です。

 

インフルエンザ予防接種をご希望の方は、お電話にてご予約をお取りできますので、ご連絡ください。

 

大友医院ヒロミ小児科:0223-34-3204


2021.11.30 2021年12月の診療時間変更について

 

 

 

12月1日(水)
 午前:通常通り(8時30分~12時00分)
 午後 : 14時10分~17時30分まで

 

12月6日(火)
 午前:通常通り(8時30分~12時00分)
 午後 : 15時10分~17時30分まで

 

12月7日(水)
 午前:通常通り(8時30分~12時00分)
 午後 : 13時30分14時30分まで

 

12月15日(水)
 午前:通常通り(8時30分~12時00分)
 午後 : 14時10分~17時30分まで

 

12月22日(水)
 午前:通常通り(8時30分~12時00分)
 午後 : 13時30分〜15時30分
まで

 

12月30日(木) ~ 1月1日(土) 年末年始のため休診

 

1月2日(日) 休日当番医
 午前:9時00分~12時00分
 午後:14時00分~17時00分

 

1月3日(月) 年末年始のため休診

 

 

 

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。


2021.12.01 病児保育室「あんず」のチョットアノネ:No.54 季節外れの夏かぜ流行



夏かぜが秋から冬に流行

 夏かぜというと代表的な病気は、手足口病、咽頭結膜熱(プール熱)です。例年は6月から7月に流行します。新型コロナウイルス感染症の影響か昨年はほとんど夏かぜが流行しませんでした。ところが、今年は夏に乳幼児に流行することが多い手足口病とヘルパンギーナの感染症が季節外れに現在流行しています。8月中旬頃から報告者がじわじわ増え始め10月最終週では、感染症を報告する医療機関(定点医療機関)当たり手足口病が1.5人、ヘルパンギーナが0.6人と過去の同期に比較して多くなっています。宮城県でも多くなっています。手足口病は、都道府県別でみると最も多いのは佐賀の8.9人、次いで宮崎8.6人、長崎6.8人で西日本中心に高水準となっています。ヘルパンギーナは石川が2.2人で最高で、鳥取1.8人、山口1.8人と続いています。昨年は夏かぜの流行が無かったため、充分な免疫を獲得していない子どもが多い可能性があり一気に広がる可能性があり注意が必要です。

 

手足口病とヘルパンギーナは姉妹同士

手足口病もヘルパンギーナもエンテロウイルスグループという同じ仲間のウイルスの感染で発病します。どちらの病気も接触・飛沫・経口感染により36日の潜伏期間で発病します。原因のウイルスは複数あるため何度も罹患する可能性があります。どちらの病気も口内炎ができますが、手足口病では手や足に発疹がでます(他の場所にも出ることがあります)。コクサッキーウイルスA6が原因の手足口病では口内炎から23日遅れて広範に発疹ができ、爪がはがれることもあります。13日間は39℃台の高熱が出ますが手足口病では約半数は無熱です。どちらの病気も合併症として無菌性髄膜炎を起こすことがありますので注意が必要です。根本的な治療法はありません。対症療法(症状をやわらげる治療)をします。どちらの病気もウイルス排泄は2週間から数か月続きますが熱が下がり、食欲もあり、一般状態が良ければ登園(登校)できます。 

    

現在流行している病気は何ですか?

宮城県内では:第1位 感染性胃腸炎、  第2位 溶連菌感染症、   第3位 手足口病

亘理郡内では:第1位 感染性胃腸炎、  第2位 溶連菌感染症、   第3位 手足口病

 

 

ヒロミ小児科病児保育室「あんず」より

朝晩の冷え込みが厳しくなり、布団から中々出れない季節になりましたね。現在は新型コロナウイルス感染症の流行がおさまり気味ですが、寒さが厳しくなると色々な病気が蔓延して来ますので、マスク装着などの咳エチケットを守り、手洗い、換気を良くし、感染症予防に努めましょう。現在、ヒロミ小児科病児保育室「あんず」では保育士さんを募集しています。就業希望の方がおりましたらヒロミ小児科(電話:0223-34-3204)に連絡をお願いいたします。

 

 

病児保育室「あんず」:電話0223-35-6455

 


2021.12.01 病児保育室「あんず」のチョットアノネ:No53 インフルエンザワクチンの効果

インフルエンザワクチンの有効性

 昨シーズンは新型コロナウイルス感染症の流行がありましたが、一方インフルエンザはほとんど流行がありませんでした。インフルエンザが流行しなかった理由はよくわかっていません。今年はインフルエンザが流行するかどうかは誰にも判断できていません。インフルエンザの予防にはインフルエンザワクチンをすることになりますが、ワクチンをしてもインフルエンザに罹患したと言う人がおります。ワクチンでインフルエンザの発症を完全に防ぐことはできません。最近はインフルエンザ陽性群と陰性群に分け、それぞれのワクチン接種状況を比較するという研究(診断陰性例コントロール研究といいます)によりインフルエンザワクチンの有効率を評価しています。6歳未満の子どもを対象とした評価では40%~60は発病を予防できるとしています。インフルエンザワクチンをしても100%発病が防げるわけではありませんが、発病する率は確実に減少します。過去にインフルエンザワクチンの効果が低いという理由で接種率が低くなった時期がありましたが、その時に高齢者がインフルエンザ肺炎で多数死亡し、またインフルエンザ脳症で子どもが死亡しました。現在はワクチンを接種することにより、インフルエンザ肺炎やインフルエンザ脳症などの重症化を防ぐことが期待できると考えています。

 

インフルエンザの重症合併症(肺炎や脳症)

インフルエンザに罹患後、咳が激しく熱も続き、呼吸が苦しいような状態があれば、インフルエンザ肺

の可能性があります。小児よりは高齢者で死亡率が高いので注意が必要です。インフルエンザ脳症の症状は急性の意識障害が100%、痙攣(けいれん)が約80%、異常言動が約2030との報告があり、このような症状があらわれた場合は、医療機関を受診する必要があります。インフルエンザ脳症から検出されたウイルスはA型が6080%でした。インフルエンザ脳症の年齢分布は70%が10歳未満(5歳未満が40%程度)ですから、インフルエンザ脳症はA型のインフルエンザに罹患した子どもに多いといえます。

 

インフルエンザワクチン接種

 インフルエンザワクチンは生後6か月以降で接種可能です。3歳未満は一回0.25cc2回接種(24週間間隔)します。3歳以上は一回0.5cc2回接種しますが、13歳以上は1回接種で良いことになっています。インブルエンザワクチンは発育鶏卵を利用して製造されますが、卵由来のアルブミン(蛋白質)をできるだけ除去してワクチンとしているため鶏卵アレルギーがあってもほとんどの人は接種可能です。一般に成人よりも子どもはワクチンの効果が低いため、効果を高める方法で接種するよう考慮します。

 

現在流行している病気は何ですか?

宮城県内では:第1位 感染性胃腸炎、 第2位 手足口病、  第3位 ヘルパンギーナ

亘理郡内では:第1位 感染性胃腸炎、 第2位 手足口病、  第3位 溶連菌感染症

ヒロミ小児科病児保育室「あんず」より

新型コロナウイルス感染症 やインフルエンザ予防には、手洗い・うがい・マスクが

基本です。おうちの方が手本を見せたり「ばい菌いなくなったね」「気持ちいいね」

などと声をかけたりしながら行いましょう。体調不良の場合は、早めに医療機関を

受診をしましょう。現在、ヒロミ小児科病児保育室「あんず」では保育士さんを募集

しています。就業希望の方がおりましたらヒロミ小児科(電話:0223-34-3204)に連

絡をお願いいたします。

病児保育室「あんず」:電話0223-35-6455 


一時預かり保育室あんず
Copyright © 大友医院ヒロミ小児科. All Rights Reserved.
PAGE TOP